農作業のあらゆる場面に欠かせない存在!?農業機械に関する雑学を幅広くご紹介

農業機械は農作業を行うときに利用する機器の総称で、作業の種類ごとにいろいろな農業機械があります。ただ、数台の農業機械を導入するとなると費用も掛かりますし、維持管理にも費用コストが必要になることから、トラクターを導入してこれに接続する作業車を数種類導入する農家が多いようです。トラクターは多機能型の農業機械で、インプルメントを接続することで土を耕したり平坦にしたり、荷役を行うなどさまざまな用途で活用できる万能マシーンです。

農業機械の代表格でもあるトラクターは人類の歴史を大きく変化させた鉄の馬

農業機械にはいろいろなものがありますが、トラクターは農業機械の代表格でもあり農業の歴史そして人類の歴史を大きく変化させた鉄の馬ともいわれています。古くは耕すときには馬を利用していたわけですが、トラクターの登場で馬から農業機械へとバトンタッチされたことになります。
ちなみに、トラクターはラテン語の「引く」の言葉に由来されているもので日本語に直訳すると牽引車の意味を持ちます。エンジンの動力を持ち、後方には作業機を引っ張りながら駆動させる仕組みを持ちます。田畑の面積が狭い場合でも、小型タイプがあり導入することで作業をより楽に単時間でできるメリットもあります。
なお、トラクターは1892年にアメリカで発明された農業機械で、人力や家畜の力で行っていた農作業を全て機械で賄えるようになりました、土を耕して収穫物の運搬など人や馬がやっていたことを代行してくれる人類の歴史を大きく変化させた鉄の馬といっても良いわけです。

トラクターは回転と引っ張る2つの仕事を行う農業機械

1892年アメリカで開発された農業機械がトラクター、誕生から130年以上が経過しており現代の農業にか欠かすことができない存在になっています。農業機械は農作業を効率的に行う目的で使用するもので、トラクターなどの農業機械が誕生するまでの間は人間や家畜などが土を耕したり、収穫した野菜や穀物などの運搬などを行っていたわけです。
収穫時期を迎えると、朝早くから日が暮れても作業が続くことも珍しいことではない、このような生活を送る農家はトラクターといった農業機械の誕生により仕事が楽になったことはいうまでもありません。
トラクターは2つの仕事をする農業機械で、その仕事とはシャフトを回転させることとシャフトの回転力により連結してある作業機に伝えて動かすといったものです。
このような作業機は、土を耕すロータリーや代かきを行うハロー、肥料を撒くブロードキャスターなどがありますし、田んぼの畦成型畦塗機や牧草刈取りやロールづくり、雪国などでは除雪用ロータリーなどさまざまな作業機を取り付けることができます。

トラクターは特定の仕事だけなく多機能性を持つ農業機械

農業機械の代表格でもあるトラクターは特定の作業だけでなく、多機能性および精密性を持つといわれています。トラクターにはさまざまなアタッチメントが用意されていますが、それを動かすための回転機構とモノや作業車を引っ張るメカニズムが搭載されている農業機械です。
田植え機や草刈機も代表的な農業機械になりますが、これらは特定の作業に特化したもので、冒頭でも説明したアタッチメントや連結させる作業機をチェンジさせることで一連の農作業の大半を賄えるようになります。用途に応じた作業機を用意しなければならないのですが、高額な農業機械を用途ごとに揃える必要もないですし集約された農業機械の場合はメンテナンスなど保守コストの削減効果も期待できるなど経済的に活用できるメリットもあります。
土を耕す作業は非常に負荷の大きな仕事でもあり、頑丈な躯体を擁します。しかし、作業機でもあるロータリーは油圧およびマイコンでコントロールされるなど精密性も兼ね備えています。

トラクターは意外なほど精密性を持つ農業機械

農業機械の中でも利用頻度が高いのがトラクター、田畑を耕したり収穫物を運搬したり通常数種類の農業機械が行う作業を1台で賄えるメリットを持ちます。
そのため、多機能性を持つ農業機械といわれていますが最近はコンピューター制御の製品が多くなっていて意外にも精密性を持つともいわれています。水の流れで土が流出してしまったり水位の差が生じて水たまりができることもある関係から、田畑を耕すときには地面を平らに仕上げることだけなく一定の深さに耕さなければなりません。
トラクターには、油圧機能でロータリーの高さを維持させると同時に付属している押さえ板の角度をマイコン制御により深さを一定に保つことができます。さらに、左右両輪のタイヤで高低差が生じた際にもロータリーは常に水平を維持するなど運転する人も安心して作業できるメリットもあります。
古い時代のトラクターはマイコン制御などの機能がありませんでしたが、技術の進化により作業性が向上していることはいうまでもありません。

農機具 査定に関する情報サイト
田園バリュエーション

このサイトでは、農業機械に関する雑学を幅広くご紹介していますが、農業に欠かせないそして農作業のさまざまなシーンで活躍するトラクターを中心に紹介しています。インプルメントと呼ぶ作業車を連結することで土を耕したり、表面を平らに整地する稲作を行う前段階の代かきやあぜ塗りなどの作業を円滑に行うことができるようになります。ここでは、事故を防止するためにも自己判断で部品を外さないこと、キャビン付きタイプはエアコン完備の車種もあるなどご紹介しています。

Search